オタク野郎の逆襲

普通のやつらの斜め上を行け

Ubuntu18.0.4でAndroidエミュレータの動作環境を構築する

概要

LinuxAndroidエミュレータを動作させるにはKVM(OS仮想化環境)が必要ですので

以下はKVMのインストール&セットアップ手順になります。

手順

CPUがハードウェア仮想化をサポートしているか確認

コマンドの実行結果が0なら仮想化がサポートされていないので、エミュレータは動作しません。

1以上ならOK。

egrep -c '(vmx|svm)' /proc/cpuinfo
KVMのインストール
sudo apt install qemu-kvm libvirt-daemon-system libvirt-clients bridge-utils
virt-managerのインストール

KVMのインストール手順を色々みていたら一緒にインストールされていたので入れましたが

必須かどうかよくわかってません。いらないかも。

sudo apt install virt-manager
KVMの実行権限をユーザに付与

KVMを現在のユーザで実行可能にするため、ユーザを追加します。

sudo adduser $USER kvm

下記コマンドを実行し、現在のユーザが表示されていればOK。

grep kvm /etc/group
AVDマネージャから仮想デバイスを作成

あとはWin&Macと同じようにAndroid StudioのAVDマネージャから仮想デバイスを作成すれば起動するはずです。